×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

自費出版について

自費出版をする人がブームもあり増えてきています。自費出版について解説しますので参考にしてください。

メニュー| 自費出版の心構えについて | 自費出版の絵本は売れにくい | 自費出版ができる会社 |

自費出版の心構えについて

自費出版の心構えについて解説します

自費出版ブームもあり最近では自費出版する人が増えてきましたが、自費出版するにあたって注意すべき点があります。自費出版は売ることを第1に考えて作らないようにしましょう。良心的な自費出版社に自費出版の契約をした場合は良いですが、悪徳な自費出版業者の中には、「うちの会社で自費出版すれば書店に流通させて本を売り自費出版にかかった費用を回収できます。」などと言葉巧みに話しを持ち掛ける自費出版業者もいるので注意する必要があります。

自費出版する場合は自分の表現したい作品を本にすると言った気持ちで考えて自費出版するようにしましょう。

自費出版の原稿を書くときにしてもプロの作家のようにうまく原稿を書こうと考えていると魅力のない文章になってしまう可能性が高いのであまり気にせずおおらかに文章を書くようにしましょう。自費出版しようと考えているくらいの人ならばある一定以上の文章力を持っていると思いますが、もし文章力に自信がなくても伝えたい気持ちがあれば自費出版ができるようになっています。

自費出版社の中には専属のライターがいるところがあるのでライターが替わりに自費出版の原稿を作成することができます。

よくある自費出版をするケースには自分のこれまでの半生を自費出版することで自分の生きた証を残すことを目的にしています。

自費出版で自分史を書こうとしても普段から文章を書いている人ならスラスラと文章が書けますが、文章を書きなれていない人はなかなか筆が進まないのと言う人も多いです。自分史の自費出版と言えども本にするからにはしっかりとした文章で書かなければいけません。

自分史を書きにくい場合は年表を作ったり写真を整理したりすれば自分史が作りやすくなります。

真似をすることから自分らしい文章ができあがることもあるので自分史が書けない人は真似て書いてみてください。

[PR]ダイエット 日記ケアマネジャー